今日も元気だ、屁がくさい

日々の雑感と、たまに英語の曲の和訳を載せています。誤訳御免。

ポジショントーク

こういう記事を見つけました。

 

news.yahoo.co.jp

私は若いころは正社員総合職で働いていました。

若かったということもありますが、非正規で働いている人たちを見て

「自己責任だよなぁ」なんて思っていたものです。

まさか自分が非正規になるとは露知らずに。

 

「努力が足りない」と考えていましたが実際自分が非正規になってみると

色んなファクターが関連して非正規になるんだなと思いました。

親の介護とか自分の怪我、病気、障害とか仕事が合ってなかったとか

色んな事で仕事へのブランクがあったとか。

 

今まさに正規社員で働いている人には到底想像もつかない事でしょうが

「明日自分が非正規になる」と言う未来が絶対にないとは言いきれ無いのですが、

自分が正規社員である立場から「非正規は永遠に非正規でいろ」と言うような

ポジショントークが出る訳です。

 

そして今の私は非正規。

実際非正規で働いてみると、実務内容に関しては正規とほぼ同じか

もしくはそれ以上の仕事をしている人もいる。

しかし話を聞くと「職場に来てから9年間契約社員のままです。」とか

「5年間契約社員です。」とかそういう人がいる。

同一労働同一賃金ならば良いのですがそうでもないというか

非正規はかなり抑えられています。

 

日本国家が労働者階級同士を争わせて国への不満を爆発させないように

してるように見えるのですが、まるで北朝鮮プロパガンダのようです。

敵を外に作り、中には向けさせない。

日本人は従順というか長いものに巻かれろと言う性格ですので、

暴動とかクーデターとか起きませんな。

一度、労働者階級でフランス革命のように体制に歯向かうと良いのですが。

 

今の自分は非正規なのでこの日記も非正規有利なポジショントークになりますが、

労働者の4割が非正規となっている今、そしてこれから先を考えると

政治的行動が必要になるのかと考えています。