読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brooklyn’s Black Santa Explains Why Christmas Joy Has No Color 和訳

www.huffingtonpost.com

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

クリスマスの精霊を広げる活動をするアンソニー・ニューウェールズさんは
一般的なショッピングモールにいるサンタとは違う。

過去10年に渡り、ニューウェールズさんはブルックリンのそばにある
フォート・グリーンにあるアトランティックターミナルショッピングモールで
専属のサンタをしている。
よくあるプレゼントをブルックリンの家族に送るだけでなく、
個人的に特殊な環境に居る子供たちにプレゼントを送っている。

病気だったり特殊な必要がある子供がショッピングモールのニューウェールズさんに
会いに来た時、彼と彼のチームはクリスマスの日に個人的なプレゼントを
送るスケジュールを両親と共に決める。

「多くの子供たちは家に来ると言っているが、
殆どの子供がサンタがドアをノックするのを見たことが無いし、
実際家に入るのも、おもちゃを運ぶのを見たこともない。」
ニューウェールズさんは言う。
「だから我々は誇りをもってこのショッピングモールにいるんだ。」

彼のサンタとしての特別な役割に付け加えるならば、
デジレー・ギストさんのような両親と祖父母はニューウェールズさんを
ありがたく思っている、と言うのも彼は黒人のサンタを
見ることを許しているからだ。

「違う文化ってのがあるんだよ、だから違うサンタがいるって思わないかい?
若かった頃、白人のサンタだけだった。」ギストさんは言う。
「だから私は今は黒人のサンタがいることが重要であると思うんだよ。
つまりね、人種って言うのがあるってことを孫に知って欲しい、
それが重要だと思うんだよ。」

今年の始めの頃、黒人サンタを持つアメリカのショッピングモールの決断と言う
行動のソーシャルメディアの大きな波があった。
ニューウェールズさんは何人かの両親は彼の肌の色を見て
がっかりしていたと言ったが、結局、多様な人種の両親達は
ニューウェールズさんがもたらした多様なサンタを称賛した。

そした子供たち、ニューウェールズさんは言う、「サンタの所に来た時、色は関係ないよ。」

ニューウェールズさんはクリスマスシーズン中にブルックリン地域へ
ただおもちゃを届けているのではない。
白色のひげを調節しなかった時?、彼はブルックリンの子供に
「暴力排除ブラウンズビル」のプログラムマネージャーとして
正しい生き方を与える仕事をする。
非利益組織「CAMBA」によって運営されている。
プログラムは「暴力による傷を癒す」モデルを利用し、
ジョブトレーニングや法的で治療上のサービス、その他の資源の
対立する治療によって青年のリスクを取り去る。

CAMBAでの彼の働きと間近になったクリスマスの関係で、
ニューウェールズさんは町の若者に提供するために休みなく働いているだろう。

「クリスマスは興奮するものでなければならない。
愛のようだったり、興奮する贈り物だったり。
我々はとても幸せだ、だってただのサンタ以上に地域に幸せを届けているからね。」

アンソニー・ニューウェールズさんについてより知りたければ
上記ビデオを見てください。