今日も元気だ、屁がくさい

日々の雑感と、たまに英語の曲の和訳を載せています。誤訳御免。

便所飯を止めよう

暇なので訳しました。

誤訳御免、本当にごめん。

 

www.huffingtonpost.com

--------------------------------------------------------------------------------------------

新しいアプリを使えば学校のカフェテリアで簡単に友達を探すことができます。

アプリ"Sit with Us"は食堂で一緒に座ってご飯を食べる友達を
探すのが難しい学生を手助けします。

アプリは学生自身を「大使」と呼びます。
それによって他の学生を招待することができます。
大使は「昼食会を開く」イベントを投稿することができて
そのイベントは、学生たちが大使のテーブルに参加する為に
招待されたことを、同席をしたいと思っている人に知らせます。

ナタリー・ハンプトンさん、カリフォルニア、シェルマンオークスの16歳、
はSit With Usのデザイナーで、9月9日に出荷しました。
彼女は7年間ずーっと一人で食べていた後に
それを作り出しました、とLAデイリーニュースに言いました。
この状況はハンプトンさんから傷ついた感情を取り去り、
彼女をいじめの対象にしました。

ハンプトンさんは、今は中学生、違う学校に通っていて、
社会的に充実しています。
しかし、一人で座っている思い出やいじめで彼女を未だに標的にしたこと、
特に彼女は彼女の体験が孤立されたものでないということを知っていたからです???

ハンプトンさんはオーディオ・コーニッシュの「All things condierd」で
なんでこのようなアプリが必要だと感じたかという理由は
子供たちが公に否定されることを阻止するからであり、
同級生によって社会的に追放者として見られることから阻止されるからです
と話しました。

「これはとてもプライベートな事でです。
電話を通してやります。
誰も知ることはできません。」
彼女はコーニッシュに説明しました。
「そして一度同席者を見つけたら、あなたは拒否されることはないと
わかるでしょう」

ハンプトンさんはそれ以上に何かを見つけたかもしれない。
特に彼女はいじめに対抗して証言するために仲間の学生に
尋ねたからです。

プリンストン大学、ロジャース大学、イエール大学の調査によると、
学生が、特に「クールキッズ」と呼ばれる学生が、いじめに立ち向かう時、
重要なインパクトを持ちます。
2012年から2013年の間、50を超えるニュージャージー州の中学校は
ほとんどの社会的に有能な学生にソーシャルメディアツールを与え、
いじめに対抗することを応援しました。
そして、学生同士の喧嘩を30%も減少させました。

ハンプトンは「All things considerd」でこう言いました。
「私が先週アプリを発表してから、私は友達からすでに良い反応を
もらったの。」

「人はもう学校でオープンランチをポストしている。」彼女は言いました。
「だから私はとても興奮しているの、素晴らしいスタートを切ったから。」