誕生日プレゼントの代わりに、少年は必要な人達に靴をプレゼントするよう 頼んだ

暇なので訳しました。

誤訳御免。

 

www.huffingtonpost.com

------------------------------------------------------------------------------------------

誕生日プレゼントの代わりに、少年は必要な人達に靴をプレゼントするよう
頼んだ

少年は靴底を持っていた。

3年連続で、ノースカロライナのウィルミントンの
ガンナー・ロビンソン君は8月15日の彼の誕生日に
プレゼントをもらう代わりに、靴が必要な人に
寄付をお願いした。
WWAYによると、翌年学校に進学する為に
必要な靴が彼のコミュニティで彼の元に集まった。


今までの所、10歳の少年は彼の組織「ガンナーズランナーズ」を
通して600足を与えた。

ペンダー高校の1991年の同窓会からの膨大な数の寄付に感謝します。
ガンナーは8月6日に30足の靴を買うことができました。
寄付箱はウィルミントン周辺に設置してあります。
彼の11歳の誕生日後に集められたすべての靴は
学校が始まる子供たちの元へ分配するソーシャルワーカー
与えられます。

「彼をどれだけ誇りの思えば良いか、言葉にできない。
だってこれは彼のアイデアで、彼の行動だもの。」

ガンナーの母、クリスティ・ロビンソンさんは
彼らが2013年のクリスマスにスポンサーをした少女から
感銘を受けたと考えたと「Inside Edition」で話している。
その家族は少女へプレゼントを買った。
しかし、ガンナー君が感銘を受けたのは
もし彼の家族が彼女の靴を買わなかったら、
彼女は履く靴を持たなかっただろうということだった。

「いくつかの理由で彼に押し付けられただけだ。」
彼の母は「Inside Edition.com」に話した。

翌年、ロビンソンさんは息子に誕生日に何が欲しいか尋ねたら、
彼は他の子どもたちに靴を寄付して欲しいとお願いした。
ロビンソンさんは漢書の息子の誕生日の願いを
フェイスブックで共有し、すぐに人々が靴を寄付しだすには十分だった。
その最初の年、ガンナー君は目標としていた300足を集め、
415足まで集まった。

したがって、「ガンナーズランナーズ」は発足した。

ガンナーズの1年の靴収集は少年が巨大なチャリティー行為を
組織したのは最初ではない。
2014年、彼はサンクスギビングデーに必要な400ポンドの食料を
集めたのだ。

彼の両親は彼らの博愛主義精神に最高に誇った。

「言葉では彼をどれだけ誇っているか表せない。」
ロビンソンさんはWWAYに言った。
「だってこれは彼のアイデアで、彼の行動なんだから。」