「はい」と言うことで人生を変える9つの方法

暇なので訳しましたが、誤訳ばかりですいません。

クソ難しいです、これ。

 

www.huffingtonpost.com

-----------------------------------------------------------------------------------------

「はい」と言うことで人生を変える9つの方法


「もし誰かが何かをする驚くような機会を申し出て、
でもあなたはできるかどうかわからないならば、
「やります!」と言いましょう。
後でやり方を学びましょう。」-リチャード・ブランソン

「はい」は魔法の言葉です。
だから私たちは人生を恐れます。
失敗を恐れ、最悪を予想し、何が予測されるのかわかりません。

そうすることで、しばしばチャンスに「できません」と言うことによって
私たちは人生の輝けるチャンスを断っているのです。
輝けるチャンスはよく新しいキャリアに隠されています。
仕事でステップアップする機会や、友達からの驚くべきお願い、
やったことのないチャレンジなどです。
私たちの中の好奇心を刺激したり、
私たちがよく知っている日々に存在する欲求を作り出す何かと言うのは
直感であり、それは私たちに「はい」と言わせます
(それか少なくとももっと学ぼうとさせます)。

でも私たちの想像力や愛の代わりに、私たちは恐怖に
私たちを支配するようにしますし、
「いいえ」と言うための理由づけをします。
そんな場面を何度も見ました。
チャンスに「いいえ」と典型的な人は、
あなたに理由のリストから何故正しいかをあなたに認めさせるのが
好きなのです。

「はい」と言うことによって、私たちはよく他人に「いいえ」と言う必要があります。
これは「はい人間」になったり、私たちがしたくないことをする為の
プレッシャーであったりはしません。
私たちが本当にやりたいと知っている事をするための勇気や確証を
持つことです。
それ以上に時々、勇気や確証を持つことは私たちを恐れさせます。
あなたの人生で機会に「はい」と言うための9つの理由を以下に載せます。

1.もしあなたが次の事をしなければ、あなたは奇跡を起こせない
機会は時々紳士的に訪れますし完璧なタイミングまで待ってくれません。
真実は‐完璧なタイミングなんてありません!
マリー・フォーレオ氏はこう言う。
「準備できる前に始めなさい」。
私たちは宇宙は私たちの為により大きな計画を持っていると信じる必要があります。
ある人は起きたことしか理解できないと言います。
私たちが「いいえ」と言う時、私たちは機会よりも多くのものを断っています。
私たちはそれがもたらす喜びも断っています。
???

2.「いいえ」と言うための理由は無限にあります。-何かがあなたの中で「はい」と言わせようと
しています。

不思議だと思う何かの為、とても考えさせられる決定の為、
私たちの内面に良く存在する何かは「はい」と言うことです。
「いいえ」ははっきりと明らかであるべきです。
しばらくの間小さなチアリーダーの「はい」に注意してみてください。
あなたに何を言いたいのかよく聞いて。
大体正しいですから。

3.誰かがあなたができると信じている

「はい」と言うことの選択肢を持つことで、誰か、または何かは
あなたが何かを達成することができると信じています。
もしあなたの能力がお話しにならなければ、ノースフェイスは
彼らの服を着てエベレストに上るためにあなたのスポンサーにはならないでしょう。
敬意として機会を得て、あなたの中にある他人の信頼を利用しなさい。

4.「はい」はより多くの扉を導きます(「いいえ」はドアを閉じます)

私の夫が23歳の頃ニューヨークへ異動するよう命令された時、
多くの人々は早すぎると思ったし、良い考えではないと思いました。
私たちはここで6年目になりますし、私たちの人生で
私たちがした最も良い事であるとほとんど毎日思っています。
私たちにもたらされたそれに続いた機会は私たちを本当に豊かに謙虚に
しました。

5.機会は常に2度と来ない‐少なくとも同じ機会は‐

人生と幸運は勇者に味方します。決心する時や両方の結果を考慮する時、
「いいえ」と言う結果は幾分後悔することになります。
後悔は時々すべてへの大きなリスクになります。

6.人生は豊かで、十分で、より活気に満ちている

「はい」と言う時、私たちはもっとやるし、もっと創造するし、より生きます。

7.ポジティブになる

言葉自体が呼び寄せますし、力を与えます。
諺のように「世界よ!私はやったぞ!」。

8.あなた自身をストレッチします

もし高みにいないのならば、何故私たちは全員ここにいるのでしょう、
私たちの人生の最高のバージョンですか?
「はい」と言うことで、私たちは私たちの人生に可能性を招き、
私たちができることを学ぶ能力を招き、
私たちがどれだけ努力すれば良いかがわかります。

9.人生は短い。「できません、だって」と言うよりも「なんでできないの?」と言いましょう

若かりし頃のスティーブジョブスからの私の思い出の言葉の一つに
「私がすぐ死ぬだろうということを思い出すことが、
人生で大きな選択をすることを助ける私を助けてくれた最も重要な道具になる。」です。
小さな考え方が私たちに私たちの恐怖を捨てさせたのです。

変化するためにあなたに問いかけて:何が起こるのがいいの?
それを考えなさい。どう感じるの?
しばらくそれを考えなさい。
「はい」はあなただけの意見になるかもしれません。