中国の艦隊が日本の尖閣諸島の近くを航行

暇なので訳しました。

誤訳御免。

 

www.bbc.com

---------------------------------------------------------------------------

中国の艦隊が日本の尖閣諸島の近くを航行

東中国海にある日本統治水域近くを、
230の船が航行したと日本は発表した。

釣り船と保安船の艦隊が含まれており、
3隻が武装されていたと見える、と日本は発表した。

報告された事件は尖閣諸島近くで起きた。
尖閣諸島は日本により管理されているが、
中国が批判している。
中国はディアオユ島と呼んでいる。

北京は益々中国の水域であると断定している。

土曜日に別の事件が起きた。
中国の国営メディアは、戦闘機と爆撃機が
戦闘訓練の一部として南中国海の島の上空の
領空パトロールを完了したといった。

これらの島はまた係争中であり、
先月、国際海洋法裁判所がその海への
北京の要求のほとんどを却下した。

中国は決定を無視すると言った。

日本の解決策を試している

日本外務省のスポークスマンは
「東中国海に割り当てられた艦隊は
その海域の緊張を一方的に高めている。」
と言った。

無人の島が中国‐日本間の関係を悪くした

10年前までいかないくらい前に、
東京と北京は東中国回の資源の共同発掘の
会談をした。二つの国を分ける水域についてだ。

しかし緊張が高まる中、特に係争中の尖閣を通して、
無人の島だ。

最近の数年間で、中国は尖閣へ向けて数多の船を送ってきた。
これは中国の進出に対して日本がどのように防衛するかを
試すためであることは明らかである。