今日も元気だ、屁がくさい

日々の雑感と、たまに英語の曲の和訳を載せています。誤訳御免。

音楽

小学校の時から音楽の授業が好きでした。

今思えばなんともいい曲が掲載されていましたな。

 

お昼休みが終われば音楽室へ行って、

先生に頼んでレコードをかけてもらっていました。

「待ちぼうけ」「箱根八里」なんて好きでしたな。

 

中学、高校になると洋楽も豊富になってきまして、

今日ご紹介する歌なんてのも

皆さまご存じでしょう。

 

アメリカの歌ですが、インディアンの娘が

大陸に渡ってきた男性と恋に落ち、

その男性が去っていく思いを歌った詞だそうです。

 

日本人なのにカントリーミュージックを聞くと

懐かしく思ってしまうのは、

ディズニーランドのウェスタンランドの影響でしょうか。

 


Michael Martin Murphey - Red River Valley

 

「赤い河の谷間」なんてタイトルでしたな、

教科書に載っていた歌の邦題は。